上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー、長々と続いてすみませんが、これで終わりです(・・・本当か?)。

事前にネットでタイムスケジュールを見たときに、飛行展示の中に「F-4機動飛行」と書いてあったが、昨年飛行開発実験団からF-4EJ改が来ていたので、今年もそこ所属の機体が来るのかと思っていた。
とはいえ昨年は置物だったので、飛ぶ、と言うことは何かあるなぁ・・・とは思っていた。

基地に着いて、第1格納庫に自分の場所を確保しているときに、エプロンの向こう側、展示機が駐機されている場所を見ると・・・なにやら黒い物体が。

近づいてみると・・・
飛行展示のために給油中
黒塗りのファントムがっ!
自分は事前に飛行機雑誌などを余り読んでいなかったため、最初アメリカ空軍が来ているのかと思った(米空軍のファントムは全機退役しているのだが・・・)。
まあ、よく見てみると日の丸はあるわ、どこかで見たようなエンブレムはあるわ、コーションレターはほとんど日本語だわで、どう見ても航空自衛隊機以外には見えないんだが。
自分は空自式迷彩やグレー塗装のファントムは生で見たことがあるが、こういう黒塗りのファントムは見たことが無かった。
雨という天候のせいか、しっとりとした艶のある濡れた感じのキレイな黒になっていた。「カッコイイ」というより「キレイ」という感情の方がしっくりくるというか・・・。
三沢基地所属第8飛行隊のエンブレム 今年が最後 増槽には黄色の文字入り
尾翼には第8飛行隊のエンブレムである黒豹が描かれている。が、自分はこの部隊を最初新田原か築城かと思っていた。
いやぁ・・・、無知は罪だわ。
胴体上部には黄色の文字で「2008 FINAL YEAR」、胴体下の増槽は黒塗りの黒文字黄色輪郭で「Blackpanthers」と書かれている。
背びれの黄色のラインが、コクピットの部分で左右に分かれる。いいアクセントになっている。確か黒に黄色というのは配色としては目立つ組み合わせと記憶しているが・・・。
この機体のプラモ、まあ、ハセガワから(多分)出るだろうけど、欲しくなってきたわぁ。

いざ、飛行展示へ タキシング中
いきなりやってきた飛行開発実験団のXF-2の飛行展示の途中くらいからエンジンを始動させて、入念に準備を整えた黒豹さん。チョークを払ってゆっくりと機体が動き出すと、その瞬間を収めようとカメラの砲列が次々とシャッターを切っていた。
「黒」、という色のせいか、すごく上品な飛行機に見える。
多分この航空祭に来ている人の半分以上は、昔漫画であった「ファントム無頼」は読んでいると考えられるので、この戦闘機に思い入れが強いのでは?と思う。
デビュー当時は「醜い」とまで言われた形だが、ベトナム戦争での大量生産、そして日本への導入で見慣れたせいか、もう今では昔のように言う人は自分が知る限りにおいていない。むしろ、先述の漫画のせいもあるが「カッコイイ!」と思う。
まあ、最初のファントムはミサイルキャリアーだったので、機首のバルカンは装備されておらず、ショートノーズだったので醜かったのかもしれない。M61A1バルカン砲を積んだE型はそれのために機首を延長しており、日本に導入されたのもこの型が基本のため、丁度バランスが取れ、醜くなくなったのかも知れない。それとも、「ファントム無頼」で描かれた、新谷ファントムのデフォルメが異様にかっこよかったためか?あの絵のためにファントム好きになったという人の話を良く聞く。自分もそうだが。

ズーミングする黒豹 アレスティングフックを出しながら飛ぶ
離陸してズーミングをしている黒豹さん。雨模様で湿度が高かったせいか、主翼からヴェイパーがうっすらと見える。つか、良く撮れたなぁ。
あとアレスティングフックとランディングギアを出して上空をパスする黒豹さん。カメラがアレなのでこんな小さい姿しか写せないのが・・・カメラに罪は無いし、良くやっているが、こういうところでは限界がモロに出る。
一眼レフ型買うしかないかなぁ。競馬や鈴鹿8時間などのレースでも使えるし。

・・・飛行展示中、何枚か撮りましたが・・・アウトでした。腕が悪い・・・カメラよスマン。
競馬でもゴール前で流し撮りしようにも追いつけないことがあるのに、航空機、ましてや戦闘機などは去年もそうだったが、速度が速くて完全に追いつけないことがしばしばあった。自分が被写体を見失うこともあったし・・・。

ドラッグシュート展開 減速中
飛行展示が終了し、滑走路にタッチダウンしてきた黒豹さん。ドラッグシュートを展開して減速中。
この後、自分らの方からは見えないところで、エンジン音が暫く大きく響いた。その後、ドラッグシュートが無かったので、切り離すためにエンジンを吹かしたらしい。

飛行展示終了 こっち見んなw 駐機位置へと向かう黒豹
タキシングウェイから駐機位置へと向かう黒豹さん。・・・でもこれで、もうファントムが航空祭で空を飛ぶことは見られないのかも知れない。
駐機位置辺りは、まさに黒山の人だかり。自分のようにカメラまたはカメラ付き携帯を構えた人たちとか、そういうものを持っていなくてもこの目で黒豹さんを脳裏に焼き付けておきたいと思う人たちで、エプロンの一部がごった返していた。
ただ、混んでいるところで傘さすのは止めてくれ。実際に黒豹さんの時か忘れたが、後ろの人が、前の方で傘さしている人に向かって「傘閉じろ!見えないだろ!」と注意が飛んでいた。
実際に混んでいる所で傘さすのは不意に視界を遮られる事もあるし、先端部が顔や目に当たって危険なこともある。雨降っているときには水滴が来ることもあるし、ウザいと思うことがある。自分はポンチョしか持ってこなかったが、こういう混んでいるところでは、それか合羽が正解だと思う。

コクピットのアップ 機首回り
コクピット辺りのアップと、機首回り。
ファントム、特に下側にバルカンのフェアリングがあるE型は、シャークマウスを描き込むのに適している形状をしているなぁ。でも、このシャークマウスって・・・昨年、百里のRF-4Eの機首に付いていた物を移植していたりして。塗装だったら違うが、何かフィルムみたいな物で貼り付けてあるのなら、そういう可能性はあるのかも。

機首脚
黒豹さんの機首脚。空母に着艦するために、脚が陸上専用機と比べて太い。写真の右上の方には、バルカンフェアリング部分に何かオレンジ色の説明書らしきものが貼られている。

リアル版カン・クリコンビ?
・・・ナビの人が色付きのサングラスかけているからと言うだけで、「ファントム無頼」の神・栗コンビみたいと思った自分は古いでしょうか・・・。

コーションレターが貼られまくり 増槽のアップ(・・・ランチャーが邪魔しているが)
前縁部可動スラット部分に貼り付けられたコーションレター。よくみるとほとんどが「押すな」「踏むな」。フラップなどに良く使われているものばかりだが・・・何かしつこいw。
タンク部分の文字は・・・AAMのランチャーの陰になっているのと光の反射でちょっと読みにくいなぁ。

最終チェック中? ベルト類解除?
降りる準備をしているパイロットとナビゲーター。ベルトとかコードとかが接続されているだろうし、チェックもしている?ので、そこそこ時間が掛かっていた様な気が。

飛行展示、お疲れ様でした
パイロットとナビゲーターが機体から降りて、整備員と話をしている?その後ろで、他の整備員が機体表面のチェックを行っていた。
飛行展示お疲れ様でした。

正面からのご尊顔
正面から見た黒豹さん。
この日に三沢まで帰る予定なのか、持って来てなかったのか、飛行機雑誌の写真にあったようなインテーク用の蓋はしてなかった。していればこの写真に華を添えてたのに・・・。

今年でこの第8飛行隊は、装備している機体をF-4EJ改からF-2A/Bに更新を完了する。これで、支援戦闘機型としてのF-4EJ改は退役することになる。南西航空団の302飛行隊のF-4EJ改も百里の204飛行隊のF-15J/DJと交換する予定。
・・・とはいえ、現在F-Xの選定交渉が難航中のため、これが遅れると退役予定のF-4EJ改に更にアップデート改修が行われて、また小松の空に来てくれる・・・かも?
まあ、F-22A(日本型だとF-22Jか?)も間近で見たいとは思うが、どうも最近の新型戦闘機はカッコが悪くて・・・ステルス性のために、飛行機の形が犠牲になっているというのは自分にとっては頂けない。戦闘機の主任務が自軍の制空権の確保なので、そのために見つかり難いように、戦っても墜とされないようにするのは仕方が無いが・・・。


行きもバスだから、帰りもバスを使っての復路。
またまた鷲の巣の側を通ると思われたので、進行方向の右側の席をゲットし、帰りも巣にいるF-15J/DJを見てニヤニヤ。
去年は待機列に並んでいる最中やバスに乗っているときにも色々な飛行機のタキシングや離陸シーン、パスする場面などを見れたが、今年は着陸してくるカーゴルクスの貨物機(B747-400F)と海兵隊の軽輸送機C-12のタキシングだけだったorz。矢張り去年より早めに帰り支度していたせいなのだろうか。


今年は雨で、ブルーインパルスの飛行展示も途中打ち切りだった。
来年こそは蒼穹の空の下で行われることを!

(11月10日築城・・・じゃないw、追記)
拍手返事は続きにて・・・

拍手コメントの返事

>あわわさん
拍手コメントありがとうございます。
一応拍手のお礼コメントはしたのですが、一応判りやすいようにここにも書くことにしました。

写真は・・・まあ、カメラ任せなので、褒めるのはカメラの方へお願いします(ってどういう意味w)。一応、ふつうのデジカメですが。
その場の雰囲気とかは別に意識したわけではないのですが、人が多い(特に黒豹さんの周りには・・・)ので、画角に人などが写ってしまったからそう感じられるのでしょうか?

またお越しくだされば幸いです。

スポンサーサイト
10.12 (Sun) 17:42 [ 軍事系 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。