上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このオープン戦は、何でも「東海テレビ杯」という冠名が付いているとのことで、試合前にちょっとしたイベントみたいなものが行われた。

そこに出てきた、謎の生物。
謎の生物現る タオル地みたいでなんかかわええ
・・・看板を見てみるとこのマスコットの表面はツルツルっぽい感じだが、こうやって出てきたイベント用の着ぐるみはなんだかタオル地みたいなもふもふそうに見える。
名前は「わんだほー」と言うらしい。「わんだほー」の「わん」は、東海テレビのチャンネルの数字だろう。
・・・しかし、何で名古屋発のマスコットはこうも歩きにくそうなデザインのものばかり作るんだろう。シャオ&パオといい、グランパス君(とその仲間たち)といい、ころんちゃんといい・・・。

おすわりシャオロン おすわり?わんだほー
イベント中のスピーチの時の両者。シャオロンはまだ脚の部分がそれなりに見えるのでお座りしているのがよく判るが、わんだほーの方は・・・これでも座っているらしいw。
結構かわいいな、わんだほー

試合はイーグルスの田中がWBCの勢いそのままのような投球でドラゴンズ打線をほぼ抑え込んでいた。初回の2点が結局は決勝点になり、3-1でイーグルスの勝利。
試合結果

ライバルと言われている早稲田の斉藤の方が田中よりも素質が上のように言われているが、WBCやプロでの活躍のアドバンテージは結構あるのではないかと思う。何よりも度胸のレベルが違うのではないか?東京6大学とWBCでは注目度のレベルが雲泥の差だし・・・。まあ、プロに入ったらどう化けるか判らないけど。

試合途中でのドアラ。
ドアラ何やってんだよw
・・・何やってんですかw。さすがフリーダムなマスコット。

試合後の表彰式(みたいなもの)。
代表として、5回をほぼパーフェクトに抑えた田中が呼ばれた。
今日のMVP
ちなみに翌日は同じ対戦相手で、冠名は今度は「CBC杯」になる。・・・なんだか競馬だな(東海テレビ杯:東海テレビ杯東海ステークスG2、CBC杯:CBC賞G3。どちらも中京競馬場での重賞レース)。

珍しいところが開いている
試合後。練習用具などが仕舞われたゲートが開いて、これから練習する予定でもあるのか、用具を出す準備をしていた。普段の試合では見れない・・・ハズ(試合前なら見れるかも)。

勝ち鬨をあげる鷲応援団
レフトスタンドでは、イーグルスの応援団が勝どきを上げていた。オープン戦とはいえ、ペナントレース時とそう変わらない2次会に見える。

パオロンからのおねがい
今回出場していなかったパオロンからの応援ボードのおねがい。何で出てなかったのだろう?

・・・外に出ると、駅へと続くアーケードは帰る人でごった返していた。
駅へと続くアーケード
途中でイオン方向へ折れ曲がる連絡橋も人で一杯。本当はイオンへ行く予定だったが、全然動く気配がないので諦めて地下鉄に乗ってホテルへ行くことに。
まあ、ドーム開門前にイオン行ったし・・・いいか。

さて、翌日は本番。今年初めて中京競馬場への突撃だ。
スポンサーサイト
04.14 (Tue) 23:47 [ 野球 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。