FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…さて、コース上では、これから行われる4時間耐久レースの準備が進められていた。
昔は土曜日の13時から行われていたのだが、トップ10トライアルをその時間に持ってきたために、時間を早めて午前9時スタートにされてしまった。9時スタート~13時ゴールというタイムスケジュールになってはいるが、どの道福井から見ようとすると朝早く出ないと見れないことには変わりない。

4時間耐久のスタート準備
国内ライセンス所持者にとっては、ここで優秀な成績を収めて来年は翌日のメインレースに出るきっかけを掴みたいところ。客はハッキリ言ってほとんどいないが(選手の関係者らしき人たちがほとんどで、自分みたいなレース好きでも、4時間耐久を見たいと思って鈴鹿にこんな朝早く見に来る人は少ない…と思う)、選手たちはやる気に満ちている。

スタッフが一時退去
サイティングラップのため、一時マシンのもとを離れるスタッフたち。このあと、サイティングラップを行って再びマシンを所定の位置へと戻す。

モリワキクラブのCBR600RR
優勝候補の一角である、モリワキクラブのCBR600RR。ゼッケンナンバーは、モリワキといえば昔から「トークの日」こと19番…って、NTTのスポンサードはもうないはずなのに、19番付けてるのって律儀というか何というか…まあ、昔から見ている人らにとっては判り易いけど。
今年モリワキは4時間耐久には出ているけど8時間の方は出てません…不況のせいか。来年はちゃんと8時間にエントリーしてくれているとうれしいが。

4時間耐久スタート!
午前9時、4時間耐久レースがスタート。一瞬の静けさの後、スタートライダーがマシンに駆け寄ってほぼ一斉にエンジンを始動させると、メインスタンド全体が約60台程のエグゾーストノートに包まれる。耐久レースでの見ごたえのあるシーンの一つ。
60台程のマシンが視界から消えると、再びの静寂。レースアナウンサーの声とサーキットビジョンからのBGMがしばらくメインスタンドを支配しているが、2分ほどすると先頭集団が戻ってくる。4時間耐久レースで使用されるマシンの排気量は4st.4発で600cc(中にはドゥカティのように4st.2発で750ccもある)。でも、フルスロットルで目の前を駆け抜けていく時の音は8時間耐久で走る1000ccのマシンとなんら引けはない。

レースは序盤にポールポジションを獲ったK-maxレーシングがトラブルで優勝争いから脱落すると、下馬評が高かったハルクプロ&プラスワンとモリワキレーシングとの一騎打ちの様相に。しかしレース中盤にモリワキレーシングが転倒。ただ、それほどダメージは少なかったせいか、すぐに再スタートを切った。
そのあと、トップを走行中だったハルクプロだったが、先ほどのモリワキと同じ所で転倒。しかもこの転倒でダメージが大きかったらしく、結局優勝争いから脱落してしまった。

朝方の雨が降りそうな曇りがウソのよう
朝方雨が降りそうだった天気が一転、いつものクソ暑い鈴鹿に。おかげで今年は曇りだから日焼け止め要らないなぁ、と思っていたら脚や腕が日に焼けてえらいことに…。おかげでこの日の夕方に、毎年恒例のスポーツバレー東海の露天風呂に入ろうとしたが日焼けがひどくて湯船に浸かれなかった。来年からどんな天候になっても日焼け止めは必ず持って行こう…。

”Road to SUZUKA
パドックに出されていた新名神道路の看板。ついこの前に完成した新名神高速を利用して鈴鹿へ来て、という趣旨なんだろうが…「Road to SUZUKA」と書かれるとなんかカッコイイ。もともとは鈴鹿8時間の前哨戦である鈴鹿300kmレースのキャッチコピーなんだが…まあ、ええかw。

飛行機からレースは見えるのだろうか
鈴鹿サーキット上空?を飛ぶ旅客機。形からすると737っぽいが、あんな上空からレースを見ることが出来るのだろうか。まあ、鈴鹿サーキットの形はハッキリとは拝めるとは思うのだが…でも、ああいう高さから鈴鹿を見て見たい気もする。

行って来い!
ピット作業を終えてコースに復帰しようとするマシン。後ろから押すスタッフが、1秒でも早く回ってこい!と願っているかのよう。もちろん、コケずに。

…モリワキクラブはその後も順調に周回を重ね、結局99周で優勝。見事に4時間耐久レースを制した。ポディウムで表彰式が行われるが、観客よりはチームスタッフの方が多いと思われるような状況でも、表彰台に上がる選手たちはそんなことは関係なさそう。
4時間耐久の表彰台 シャンパンファイト!
表彰式の一コマと、シャンパンファイト。うーん…シャンパンファイトという物を一回やってみたいなぁ。でも、シャンパンって糖分があるから、乾いたら服や体がべとべとになりそうで…。すぐシャワーなどを浴びないと気持ち悪いと思ってしまう。

…4時間耐久レースが終了し、次のトップ10トライアルまでには少し時間があるので、外へ飯を食いに行くついでに日焼け止めなどをドラッグストアなどで買ってこよう、と思って駐車場へ。
23号線沿いの天下一品で例によってこってりラーメンなどを食し、平田町市街地へドラッグストア探しに。雨と雷が出てきて降りだしたが、日焼け止めを買うころには雨が上がっていつもの8時間の様な、肌にまとわりつく湿気の空気が支配する天気に戻っていた。

…次はトップ10トライアルです。
スポンサーサイト
09.12 (Sat) 22:15 [ バイク・車 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。