FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前の土曜日、大学のサークルのOB会が行われるとのことなので豊橋へ。
毎年参加しているが、気がつけば自分の歳は上から数えた方が早くなってしまった。うーん、歳はとりたくないもんだ…。自分が卒業する時にいた後輩はちゃんと顔と名前を覚えているのだが、それ以降の後輩は…何人かは顔は覚えているが、名前が結びつかないか判らない。最近卒業したOBとなるともう誰が誰だか…。今年の幹事は2004年入学の2008年卒業ってハガキに書かれていたから、当然ながら判らない。
2次会は毎年恒例のカラオケ。昨年まで大部屋でみんな一緒に…と言うパターンだったが、今年は2部屋に分かれてだった。年上と年下に分かれて部屋に入る。ちなみに参加する人たちをよく見てみると、2次会では自分が最年長だった…。まあ、最近の2次会ではよくあることだが。
カミサンは毎度のことながら、2次会には不参加。

…で、翌日、宿を出て中京競馬場へ。
今年の春から中京競馬場が馬場を含めた施設改修に入る為、1月の小倉開催を中京に持ってきていた。ので、第1回中京開催のメインイベントは小倉大賞典(G3)。
そしてこの日のメインレースは…名鉄杯。開催条件は毎年変わるのだが、今年は4歳以上の準オープン(1600万下)芝1800mのハンデ戦。同時開催は中山と京都なので、裏開催とはいえ、メインレースが準オープンになるのは珍しい。中京の立場がなせる業か、はたまた準オープンの除外馬の数の関係で条件が変更されたのか…。

寅年用の装飾? 右側のみの虎縞
今年は干支で言うと寅年だからということか、誘導馬の耳覆いとか胸がいに虎縞が施されていたが…なぜ右側のみ?パドックが左回りだからか?あと、冬開催のせいか、馬着をどの誘導馬も付けていて、馬名がはいったゼッケンが見れなかったのは残念。

2R出場のタムロガッツ(国分騎手)
2Rで直線を駆けるタムロガッツ。うーん…緑色のラチが無ければもうちょっとは見れる写真が撮れたのに…。

某掲示板で人気?のドンクールの妹、ドナプレミア
クールダディドンクールの妹のドナプレミア。兄はオープン馬だが、妹は500万下でまだうろうろしている。6歳だから、今年が競走生活最後の年になるんじゃないかなぁ。まあ、兄も最近成績が低迷して登録抹消になってしまったし。

コサージュ?を付けているスティールシャーク(3R)
ドナプレミアと同じレース、同じ枠で出走するスティールシャーク。そのメンコの耳の下辺りに、透明っぽいコサージュ?みたいな物を付けている。名前は男っぽいが、このレースは牝馬限定戦…何でこんな名前付けたんだろう。ちなみに父はシンボリクリスエス、母はコールミーネイム(母父はアレミロード)と、名前のつながりが感じられないんだが…。

テイエムオオアラシの弟のテイエムフジアラシ(6R)
テイエムオオアラシの弟のテイエムフジアラシ。テイエムオオアラシはカブトヤマ記念、福島記念、小倉記念の3つのG3を勝った馬だが、自分は京都記念での鞍ズレで競走中止というイメージが強い。ヤネは小倉巧者の土肥がメインだが、引退前くらいは福永なども乗っていた。母父がハギノカムイオーという、今となっては珍しい古風な血統だ。父はフジキセキ。
自分としては単勝を買いたい気分だが、競馬ブックの寸評がイマイチというか、全くダメというか…。ので、馬券は買ってない。

・・・僕の出番はまだぁ?
「僕の出番はまだぁ?」と言いたげにこちらを向く誘導馬。耳覆いと胸がいにはちゃんと寅年仕様になっている。

今回もやってます、中京ヤング(…死語?)バトルシリーズ
昨年暮れに行われた第4回中京開催では、若手ジョッキーがここに集まってポイント制のシリーズ戦を行っていたが、この第1回開催でも催されていた。まあ、ローカル開催は必然的にヤネは若手中心になりがちなので、丁度いいとは思うのだが。でも、”ローカルの帝王”こと中舘や芹沢がいるので、若手騎手限定競走ならともかく、普通ではこの2強はなかなか若手には高い壁になるのではないかと思うのだが。

…すみません、続きます。
スポンサーサイト
01.27 (Wed) 00:24 [ 競馬 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。