FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…なんかもう、スレッドに「ピンボール」と言う言葉すらないというのが現状か…。

mixiの方でも書いたが、この前、密林(要意訳)で「Flip-Flap」というマンガを購入。このまんが、今となっては珍しい…というか、マイナーなアーケードゲームになってしまったピンボールを題材にしたもので、自分が入っているmixiのコミュの一つである「ピンボール」のコミュの書き込みの中にこのまんがのことが書いてあった。
自分としてはそういうマンガの存在を知らなかったので、さっそく地元のマンガの品ぞろえがいい本屋へと行ったが…ない。仕方が無いので密林で発注した。

自分は大学の頃にピンボールにハマっていた時期があり、その頃はバイトが終わるとゲーセンへと繰り出してピンボールを打っていた。もちろん、最初の頃はルールと言うか、ミニゲームやフィーチャーなどの意味が判らずただ打っていただけだった。
しかし、名古屋の同人誌即売会でピンボールのサークルである「マルコーニ菓子店」さんを知り、そこでいろいろと話を聞いたり同人誌を買って研究したりしてミニゲームやフィーチャー等の意味を知ってから、以前よりももっとピンボールを楽しめるようになった。
それはそうだ。いろいろなミニゲームをクリアすれば、ただ闇雲に打っているよりももっと効率よく点数を獲得することが可能になるし、リプレイバリューを超えれば、100円1ゲームのはずが2ゲーム、3ゲームとプレイすることが出来る。フリッパー操作も、ただバタバタとさせてボールを簡単に落としてしまうより、ホールドして狙った場所へ球を通せれば、それだけで楽しい。
これで面白くないはずがない!
丁度車を手に入れた頃だったので、住んでいた豊橋以外にも、近隣の街へと繰り出してピンボールがあればとりあえずプレイすると言う生活になって行った。
福井に帰ってからもしばらくは会社帰りや営業の合間にゲーセンへ寄ってピンボールをしていたが、次第に姿を消してゆく。気が付いたら、福井でピンボール出来るところがなくなっていた…
旅先でゲーセンへ行き、ピンボールがあればちょっとプレイしてみるも、そういうところすら少なくなっていき、次第にしなくなっていた…。

…で、上記の所に戻るのだが、これを読んで久しぶりにピンボールをしたくなって来た。しかし、これまた上記のとおり、福井でピンボールを置いているゲーセンは絶滅(少なくとも表向きは)したので、する為には県外へ出ないと…。一番近い所は小松市か…。

しかしまあ、何で自分はこう地元にない物をことごとく趣味にしてしまうのだろうか…。競馬とか、モータースポーツ(サーキットでの観戦)とか、アニメとか、ピンボールとか…。


最近ピンボール関連のサイトをブックマークしているのだが、東京の人たちのブログとかで、当たり前のように最高点を叩きだすという記事が書かれている。自分としては、ようやっとリプレイバリューに調子がいいと達する位のヘタレなのに、この人らは…みんなWizardかと思ってしまう。
しかも、「Flip-Flap」で、ヒロインが主人公に、付き合う条件としてこの人の点数を超えるようにと提示した、普通ではとうていクリア不可能な点数を叩きだした"UFO"さんという人が出てくるのだが、そのモデルがそのブログの中にもちょくちょく出て来ており、その人の実力と言ったら…理解不能なくらいの腕の持ち主としか言いようがない。平気でランキング1位を獲ってしまうようなそのブログの人よりさらに上の点数を叩きだすのだから…。

世の中は凄い人が当たり前のようにごろごろといるんだなぁ…。たとえそれがピンボールと言う、今となってはマイナーなアーケードゲームであったとしても…。
スポンサーサイト
03.01 (Mon) 00:44 [ ピンボール ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。