FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「とある科学の…」風ロゴ

というわけで、先ずメインの高松宮記念を。

準オープンから上がってきたセブンシークイン パシュファイアーを装備しているアイルラヴァゲイン このレースで引退するアルティマトゥーレ
2走前の桂川ステークスを勝ち、オープン入りした1枠1番セブンシークイン。しかし、続く京阪杯、オーシャンステークス2走とも掲示板には載らず。ただ、オーシャンステークスは9着ながらも勝ち馬のキンシャサノキセキからコンマ4秒差と健闘。同じ小回りの中京で前走の様な健闘を見せられるか。
まだ6歳くらいと思っていたらもう8歳だった1枠2番アイルラヴァゲイン。東の短距離レースの常連…というか、なじみの馬と言うか…年齢からはこれ以上の上積みはないとは思うのだが…。
このレースを最後に繁殖入りの為引退する2枠3番アルティマトゥーレ。前走のシルクロードステークスを制し、有終の美を飾るべくこのレースに臨んできた。ヤネは最近勢いづいている横山典。

前走オーシャンステークスは大敗したショウナンカザン アイルラヴァゲインと同じく8歳馬のトウショウカレッジ 今度こそG1奪取のキンシャサノキセキ
2走前のシルクロードステークスまでは掲示板に載り続けてきたが、前走のオーシャンステークスではキンシャサノキセキから2秒4も離された16着最下位と敗れた2枠4番ショウナンカザン。軽い馬場が合うと言うことだが、この日は第2回開催の最終日。馬場は荒れているので巻き返しまではどうか。
アイルラヴァゲイン、ピサノパテックと共に8歳馬トリオを形成する1頭である3枠5番トウショウカレッジ。シルクロードステークス、阪急杯共々掲示板には載れなかったが、勝ち馬からはそれほど離されてはいないので、まだまだ戦えるといった感じ。
昨年のスワンステークスから阪神カップ、オーシャンステークスと重賞3連勝を達成し、今年こそG1の冠を!と意気込む3枠6番キンシャサノキセキ。昨年は10着と敗れている為、ここは是非とも勝ちたいところ。

スプリンターズ3着でも休み明けぶっつけのカノヤザクラ オーシャンステークス2着からここへ挑むエーシンエフダンズ 2年前のこのレースの勝者、ファイングレイン
スプリンターズステークス3着から休み明けでここへと臨んできた4枠7番カノヤザクラ。ただどちらかと言うと夏場に活躍する夏娘なので、まだ寒い(?)この季節はちょっと早いか。
前走オーシャンステークス2着からここへと舵を切ってきた4枠8番エーシンエフダンズ。ただまだそれほどいい成績はあげてないので、G1であるこのレースにはまだ家賃が高いか。
一昨年のこのレースの優勝馬である、5枠9番ファイングレイン。昨年はブービーという、G1馬にしてはふがいない結果に終わったが、オーシャンステークス5着になって、各スポーツ紙が穴馬として取り上げるようになった。もう7歳で上積みは少ないが、パドックではG1ウィナーらしく、いい歩きっぷりだった。

中京1200は勝ち鞍があるヘッドライナー 今日はツンデレの彼女(レディルージュ)wがいないエイシンタイガー 近3走が二桁着順のグランプリエンゼル
中京1200に勝ち鞍がある5枠10番ヘッドライナー。ただ、その勝ち鞍(尾張ステークス)以外はそんなに…というか、二桁着順の方が多い。ここではちょっと…。
最近伸び始めた6枠11番エイシンタイガー。いつも走っている(?)レディルージュが出てないので、果たしてこのG1の舞台で彼女の援護なしに好走できるのかw。
ここ最近精彩を欠いている6枠12番グランプリエンゼル。函館スプリントステークス1着、NHKマイルカップ3着の実績はもつが、ここ最近は二桁着順ばかり。この調子ではここもどうか。

復調傾向にある?サンカルロ 本当は武豊が乗る筈だったスズカコーズウェイ(古川騎手が騎乗) 追込みが効くか?プレミアムボックス
阪神カップ2着、阪急杯3着と堅実な成績を残している7枠13番サンカルロ。荒れた芝は得意とのことなので、そこそこの人気にはなっている。自分もパドックでの動きが良かったように見えたので、チェックはしておいた。
阪神カップ以来の出走となる7枠14番スズカコーズウェイ。本来は武豊が乗る予定だったのだが、前の日に落馬負傷して古川騎手へと乗り変わり。休み明けでしかも近走はさほどぱっとしない成績。これではちょっと無理っぽい。
京阪杯勝ち馬の7枠15番プレミアムボックス。安定した走りでこのレースでも5番人気に付けている。ただ、追込みがメインの脚質なので、どこまで上位に上がってこられるかどうか。

近5走は3着以内と堅実なエーシンフォワード 昨年の宮杯16着の雪辱を晴らせるかビービーガルダン ここ最近は調子を崩しているピサノパテック
東京新聞杯3着、阪急杯勝利と最近調子がいい8枠16番エーシンフォワード。ここでもその余勢を買われての3番人気。
最近は調子を落としているものの、スプリンターズステークス2着の実績がある8枠17番ビービーガルダン。とはいえ、6番人気と、前走の阪急杯7着等が響いている模様。
さすがに8歳で上積みがなくなってきているのか、重賞クラスになると二桁着順が目立ち始めた8枠18番ピサノパテック。オープン特別ではまだなんとかいいところを見せるが、G1のここではどこまで上位に食い込めるかどうか。

パドックで見ていると、矢張り1番人気のキンシャサノキセキがよく見え、次に2番人気のアルティマトゥーレ、ファイングレイン、サンカルロあたりがよさそうに見えた。自分は関西馬が好きなので、どうも上位人気が関東馬で占められる状況は嫌なのだが、馬券を当てる上ではそんな西だの東だのと贅沢は言ってられない。
で、じゃあキンシャサとアルティマどっちを軸にして流そうかと思案したが…ヤネが最近ノリにノっている横山典を配しているアルティマを上位と判断、そこから流して馬券を買った。まあ、前までは肝心なところでポカをかます横山典はこういう重要な場面ではイマイチかなぁ、と思ったが、ノっているうちに買っておいた方がいいだろうと思った。
このあと、矢張り「ヨコテン」は「ヨコテン」だったことを痛感させられるのだがorz

宮杯の馬券と同時に中山のメインレース、マーチステークスの馬券も購入。こちらは、昨年マコトスバルビエロから流して損失を食らった為、今年はそれの補填をしてもらおうと再び彼から流す。一応昨年のJBCスプリントでも彼を軸にして当てたので補填は終わっているといえば終わっているのだが、矢張り因縁のこのレースで補填してもらわないと。

で、今年から東西G1の入場曲が変わるのでやや期待して聞いていたが…うん、まあ…その、何だ…昨年までの曲に戻せと。あのトランペットの主旋律が紡ぎだす華やかさと緊張感が新しい曲には感じられない。荘厳さはあるとは思うのけど、そこまで東のG1入場曲と同じにしなくていいと思うのだが…。まあ、今回から初めて流される曲だし、これから流されていけば次第に慣れて行くとは思う。しかし、自分はどうしても昨年までのあの曲と比較してしまう…体に染みついているからなぁ

で、レースですが…まあ、結果はすでに出ているのでアレですが、外れました。
スタートと同時にアルティマ出遅れ…ヨコテン…お前、何で肝心なところでポカやらかすんだよw2001年の有馬記念の時も、ヨコテン騎乗の馬が展開のキーだと読んでレースを考え、それで馬券を買ったが…出遅れかましやがって…っとに(と母親が子供をいさめるような口調で)。

その代わり、中山のマーチステークスはマコトスバルビエロ軸が見事に的中。2着にナニワトモアレが来て馬連5790円。美味しゅうございました。ついでにマコトスバルビエロの単勝も買っていたので一気に負け分を取り戻し、久方のプラスに。

でもまあ、現コース最後の高松宮記念は当てたかったなぁ。これで2年間は中京では行われないし。


えー、レースから1カ月以上経ってますが、続きます。
(5月2日、ちょっと表現がきつかったので穏やかにしました)
スポンサーサイト
04.29 (Thu) 18:10 [ 競馬 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。