上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪城を見た後、地下鉄中央線で森の宮から弁天町へと移動。
弁天町というと、その昔、インテックス大阪の同人誌系イベントでサークル参加していた頃は、大体ここから乗り込んで行ったなぁ。トラムが劇混みで、周りが女性ばかりの場合には、荷物を脚の間に挟んでホールドアップしないとあらぬ疑いを掛けられてしまうので、これさえなければ…と何度思ったことか。

で、今回はこの弁天町に隣接している、JR西日本が運営している交通科学博物館へ行くことに。今まで屋外展示車両などを駅のホームから眺めていただけで、施設の中に入るのは今回が初めて。
ちなみに、カミサンは「とりあえず来た」という感じ。すまぬのう。趣味丸出しで。

500系新幹線のパンタグラフ 摺動面のアップ
展示されていた、500系新幹線の集電装置(所謂パンタグラフ)。普通のパンタグラフは鉄管の様なものをひし形及びアーム状に組み合わせてある物だが、500系の物はT字型。しかもパッと見樹脂製。500系はその車体の形が如何にも空気を切り裂きそうでカッコイイのだが、パンタグラフにはあまり注意を払っていなかった。こんな形してたのね…。

「電車でD」の主役車両、阪急2000系
関西地区の私鉄及びJRの代表的な車両の模型が飾ってあったのだが、阪急は…2000系って何故?
まあ、代表的な物であるには違いないけど…どうも2000系を見ると、イニシャルDを電車でパロった「電車でD」という同人誌を思い出す。主人公がこの2000系に乗って、他の線区や他会社線の新型車両相手にバトルをするというギャグ漫画で、「複線ドリフト」なる言葉を同人界で流行らせたくらいに人気が高い。
模型は凄くよく出来ていて、これのキットがあったら欲しい位…でもまあ、手に入れたところでここまで綺麗に作れる自信はないけどorz

飛行船用のマイバッハエンジン イスパノスイザエンジン…初めて実物を見た
「交通科学博物館」というだけあって、鉄道以外でも展示物はちゃんとある。まあ、鉄道がメインなので、どうしても展示品の量は少ないが。
で、第2次大戦前に使われていたエンジンの実物が飾られていた。マイバッハとかイスパノスイザとか、軍用機にも使われていたエンジンが置いてあるのを見ると、そこは軍ヲタの端クレ。ついつい細かいところまで見ようとしてしまう。…DB601とかが置いてあればもう完璧なんだがw。

グロスター・ミーティア用のジェットエンジン、ターヴェント5
…で、ちょっと気を抜くとこういうものが置いてあったりする。グロスター・ミーティアに搭載されていたターヴェント5。如何にも形が昔だなぁ。

ホンダドリーム白バイ仕様 リトルホンダ…解体場でしか見たことがない…
白バイ仕様のホンダドリームと、リトルホンダ。どうも自分の中では白バイと言えばCBR750かVFR750というイメージがあるが、考えてみるとそれ交通機動隊用だなぁ。こういう白バイと言えば、交番の軒先に止めてある警邏用のバイクだ。
リトルホンダは…動いているのは見たことないなぁ。解体屋でスクラップとして積まれているのは見たことあるが。
まあ、覚えてないだけかも。

「テントウムシ」という愛称のスバル360 オート3輪と言えばダイハツミゼット
スバル360とダイハツミゼット。どちらも昭和30年代の日本の風景に欠かせないクルマと言える。しかし360、この小さな車に大人4人も乗れるなんて…今からじゃ想像もつかないなぁ。
ミゼットはセカンドカーに欲しいw。街乗りには丁度いいんじゃない?小回り利きそうだし。

交通科学博物館名物、巨大鉄道模型レイアウト
自分が来た時には、もう終わりかけだった巨大鉄道模型レイアウトの展示運転。ゲージは16.5mm(HO)ゲージ。HOゲージのレイアウト自体が場所を取るのでなかなかお目にかかる事が少ないのだが…。
ただ車両を走らせるだけではなく、時間帯によって照明を落として夜の闇に輝く電飾を再現して見せたりと雰囲気は十分。当然車両も室内照明はちゃんと付くので、ブルートレイン等は綺麗の一言。

EF65-1000番台を流し撮りしてみました コンテナをけん引するEF200
…大阪は直流電化区間の為か、貨物や客車を牽引している電気機関車は直流電気機関車が多い。寝台車両を牽引しているのはEF65の1000番台で、コンテナ列車を引っ張るのは新世代型のEF200というふうに。ここが北陸なら多分EF81かEF510、隠し玉としてEF70位は出してくるだろうw。
…で、寝台車両を牽引していたEF65-1000番台…せめてパンタグラフ位上げておこうよ。

HOゲージのダブルクロッシング
目の前にあったのでつい撮影したHOゲージのダブルクロッシング。Nゲージと違って細かくて綺麗。

レイアウトのコントロールパネル
レイアウトのコントロールパネル。これだけ見ると、どこかの駅の構内分岐機操作盤みたいな形や色合いだ。

…続きます。
スポンサーサイト
05.21 (Fri) 22:40 [ 鉄道関連 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。