FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…今年はパドックパスを購入しており、ピットウォークなら何度も見る事が出来るので、土曜日と日曜日のマシンの違いと言う物を見つけようと思っていたのだが…まあ、考えてみればどちらも大事な予選/本戦の前で、レース使用車が出てくるはずがないわなぁ…それに、違いなんて部外者の自分には多分判らないだろうし。

鈴鹿コミュニティーレーシングチームのCBR1000RR
#23 鈴鹿コミュニティーレーシングのCBR1000RR。タイヤウォーマーを装備している状態で出されていたが、予選11番手なので、この後のスーパーポールに使う予定なのかもしれない。奥にマシンは見られなかったし…。
しかし、昔と比べるとスポンサー等のステッカーが貼ってない分、妙にスッキリとしているなぁ。

Teamホンダ学園のCBR1000RR 色々と細かい指示が書き込まれている
#28 Teamホンダ学園のCBR1000RR。ステップ辺りにはマジックみたいなもので書き込まれている数字がちらほら。

北海道SABEDERのYZF-R1
居酒屋での一言からチーム結成し、鈴鹿に乗りこんで来た#70北海道SABEDER。Twitterでも色々と話されていたので、普通のプライベーターチームよりもちょっと思い入れがある。マシンは、ライダーの難波さんがヤマハの契約ライダーだったせい?もあってYZR-F1を使用。

YAMAHA France-GMT94-IPONEのYZF-R1 さすがに知らないメーカー名ばかり
最近鈴鹿によく参戦してきている#94 YAMAHA France-GMT94-IPONE。ヤマハからの援助で鈴鹿8時間に参戦で来ていると言われているが、まあ、そうでもしなければこんな極東のクソ暑い時期に来ないわなぁ。でも、こうやって本場の耐久チームが乗り込んでくることはいいことだと思う。
日本のチームのマシンには、自分もよく見かける会社のステッカーなどが貼られているが、さすがにフランス。聞いたことも見たこともないような会社のステッカーが貼られている。向こうでは当たり前に知られているメーカーなのかもしれないけど。

YAMAHA Austria Racing teamのYZF-R1は予選に向けて整備中
#94と似たような感じで鈴鹿に参戦している#1 YAMAHA Austria Racing team。この後行われるスーパーポールに出場するため、本命のマシンは現在整備中。

飾られてるのはTカー なので、とりあえず…の装備
…ので、表に飾られているマシンは必然的にTカー(予備車)となる。パッと見、本番用のマシンとなりは変わらなさそうに見えるが、脚周りを見てみると…とりあえず車重を支えていればいいや、というような感じ。ブレーキディスク付いてないと、何だかフロントはしまらないなぁ。

長年ドゥカティで参戦している#27BANNER Racing
長年ドゥカティで鈴鹿8時間に参戦している#27 BANNER Racing。マシンは1098Rを使用。

同じくドゥカティで参戦継続中の#18ラベレッツァスピード&PIAA 難聴の女性ライダーである高杉選手が参戦
BANNER Racingと同じく、こちらもドゥカティで参戦している熊本の#18 ラベレッツァスピード&PIAA。マシンも同じく1098Rだが、BANNER RacingがBSを使っているのに対し、こちらはマシンと同じくイタリアに本拠を置くピレリを履いている。
このチームは今回、全日本ロードレースのJ-GP3(2サイクル125cc)に参戦している女性ライダー、高杉奈緒子選手を第1ライダー登録している。女性、と言うだけでもこの世界?じゃ珍しいのに、彼女はその上難聴と言うハンディを背負っている。
もちろん、レースではそれが有利に働く…わけはない。レースは非情なまでに平等だから。

BMWの新型が登場 こっち(Tカー)を本戦に使う?
今年、BMWはS1000RRという新型を投入してきた。既にWSBに出場しているが、本格的に日本のファンに公開?する為に鈴鹿8時間を選んだのか。
BMWというと、どうしても水平対向2気筒(Rシリーズ)とか、横倒し縦置き4気筒(Kシリーズ)というのを思い出してしまうが、これは日本のこのクラスのマシンと同じく、インライン4を装備している。ので、エグゾーストノートが日本車とほぼ同じと言う、音からすればちょっと残念かなぁ、と思ってしまう。何かしら独特の音色を付けていると思い込んでいるせいもあるのだろうが…。
走らせるチームは#135 Tras&G-Tribe+8810R。ちなみに左の写真は「とりあえず展示」モードに。右の写真の方はTカーだがちゃんとした脚周りを装備していた。暫定版で上げたのは「とりあえず展示」モードの方でした…。

RSガレージハラダの今年のマシンは…! お勤め…ですか
ピット棟の一番1コーナー寄りの#58 RSガレージハラダ姫路の今年のマシンは…ポケバイっ!そうか…ライダーさん大変だなぁ。位置合わせに…と言うわけはなく。
これを撮影したのは土曜日だが、日曜日のピットウォークではちゃんとマシンを出してました。
そして、そのチームのストップボード…「オツトメ」とカタカナで書かれるとちょっとBGMに「網走番外地」がかかってくるんですが…しかもここのオーナーさん、結構それっぽい人に見られそうな容姿なので…。

#35プラスワンMCRTのZX-10R 鈴鹿の車検合格証
#35 プラスワンMCRTのZX-10R。普通カワサキ系のマシンは、カンパニーカラーであるライムグリーンをどこかしらか使っていてそれが見分ける際のポイントにもなっているのだが、このチームのマシンにはその色は使われていない。パッと見、ヤマハかスズキ系のバイクに見えてしまう。
フレームには今までの鈴鹿でのレースで受けてきた車検証が貼られていた…って、鈴鹿でしか走ってない?

#77 Team 櫻花・橋本組のGSX-R1000
確かここはテレビ番組の「Like a wind」とタッグ組んでなかったかなぁ?と思った#77 Team櫻花・橋本組のGSX-R1000。キャンギャルのねーちゃん達が周囲をうろついていて、隙間を狙って撮影した…ような。

ピットで整備中の#48 Plot Faro PantheraのGSX-R1000
ピット奥で、午後からのスーパーポールに備えて整備中の#48 Plot Faro PantheraのGSX-R1000。昨年はあと少しで表彰台というところで4位になっており、今年こそはと整備にも念が入っているよう。
2本出しマフラーは、こういう角度で見るとさらにカッコよさが増すなぁ。しかも排気口が逆三角形。最近シートレールに沿わせての後方排気?のマシンが多い中、自分がバイクにハマり始めたころの形を保ちつつ、ブラッシュアップしたようなマフラーを装備したバイクがあるのはいいことだと思う(…意味不明?)。

…例によって、続きます。
スポンサーサイト
09.02 (Thu) 23:33 [ バイク・車 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。