FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…土曜日のピットウォークの続きです。

タンクが無塗装銀?#50 ミトモト&e,freaksのCBR1000RR お子様への特典?
タンクが無塗装銀…というか、地肌のままの#50 ミトモト&e,freaksのCBR1000RR。バイクに跨がれるのはどうやらお子様だけのようで…。ただし、自分が見ていた時間には、スタッフにお願いしている人はいなかったような…。

こっちもタンクが無塗装銀 #85 HONDA QCT Q遊会 明和レーシングのCBR1000RR
こっちもタンクが無塗装銀にしている#85 HONDA QCT Q遊会明和レーシングのCBR1000RR…つか、明和レーシングはホンダの社内チームなのでCBRは当然か。ここのチームも息が長く、今年もいつものようにエントリーしてきた。
…でも、タンクの無塗装銀、って、仮のタンクを付けているだけとか?

1つ目小僧? #25 HONDA Suzuka Racing teamのCBR1000RR
ヘッドランプがフロントカウル中央部に一つ…というと、GSX-Rを思い出すが、このマシンはCBR。走らせているのは#25 HONDA Suzuka Racing Team。ホンダの社内チームで、本拠地はサーキット傍のホンダ鈴鹿工場(…違ったらスミマセン)。オリジナルか、系列のカウルを装備しているのか…?

ヤマハの老舗プライベーター、チームエッチングファクトリー。その#15
エッチングファクトリーはヤマハ系の老舗プライベーターとして有名。何でも本業がエッチングをしているとのことなので、このチーム名が付いたとか。
チームカラーは黄色。この色のおかげで結構混戦中でも目立つ…と思う。
プライベーターながら、今年2台体制。トップチームでも2台体制は中々取れない中、こういう元気のある(?)プライベーターが増えていってほしいなぁ、と思うわけです。

こちらも一休み。女性の方は時折見かけるんだが、名前忘れた… 一休み中
YAMAHA Austria Racing teamとYAMAHA France GMT94 Iponeの一休み中の図。違うチームだが、毎年?同じピットブロックで隔てる壁もさほど厳重ではない(どころか、パドック後ろでは共同の休憩所がある位同じチームとして振舞っている)。オーストリアチームの女性は毎年見かける(ように思える)のだが、名前を失念した…。昨年ピットウォーク時にサイン会してなかったっけ?人違い?

で、YAMAHA製の発電機などを展示中w
で、両チームのパドックの前では、YAMAHA製の発電機の展示をさりげなくやってました。実際には動かしてはいなかったけど。

かっこいいっス!宗和さんっ!
今回の鈴鹿8時間で、ある意味衝撃的だったのは、
宗和"タイガー"孝宏ふっっっかつううううううっ!でした。
自分がレースを見始めたころのカワサキワークスのエースライダー。"タイガー"宗和と"ファンキー"塚本とのコンビは自分の中ではカワサキのベストコンビだと思っている。一時期宗和選手はAMA(アメリカスーパーバイク選手権)へと参戦していたが、それ以降音沙汰がなく、もう引退されたのかと思われていた。
が、今回の参戦。(自分としては)カワサキのマシンで復帰!の方がいいなぁと思ったが、まあ、それは宗和選手本人が決めた事なので、ファンとしてはその決定に唯々諾々と従うのみ。#36 HITMAN TKm with SYULLAと言うチーム名から判るとおり、RC甲子園関連…YAMAHA系のプライベーター。宗和さんがヤマハのマシンに乗るというのもピンと来ないが、それでもサーキットを走る姿が見られる!
…と思ったが、実は前の日の予選時、宗和選手がアタックしている時に転倒し、マシンが破損。時間中に修復が出来ずに結局予選不通過となってしまい、唯一本戦に出場できないチームになってしまった。自分はそのことを知らずに宗和さんに「明日期待してます!」なんて言ってしまったああああああああ…スミマセン宗和選手。何も知らずに…。
…ちなみに結構女性の方も一緒に宗和選手と写真撮影してました。宗和選手と知っているから、結構年季の入った女性ファンかと思われるが如何?

二つ目のZX-10R
Team Bollger Switzerland #8のZX-10R。海外のチームの鈴鹿8時間参戦はヤマハの2つのチームが有名だが、このチームはカワサキから援助を受けているのだろうか?
二つ目のヘッドライトを装備しているのは、いかにも耐久シリーズを戦うマシンという姿をしていて、片目だけの鈴鹿8時間のみを戦うマシンとは纏ってるオーラが違うと思う。
19時半までの鈴鹿8時間と違い、24時間レースの夜の深い闇を切り裂く為の二つ目。そこに、スプリントレースとは違う、耐久レースの凄みを感じる。

…ピットウォークはここで終了。
ぼちぼちとスーパーポールの準備が進められていく中、自分もこれを見ようと思って…思ったより体力の消耗が激しいと感じて残念ながらサーキットを離れて宿屋へと向かうことに。うーん…歳はとりたくないものだが、ただ単に運動不足という見方もw。

宿で疲れをとって、翌日の本戦に備えないと。
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://kirino.blog12.fc2.com/tb.php/346-6bc92c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。