FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きます。

次に行われるのはメインレースその1たるJSB1000クラスレース1。昔風に言えば「第1ヒート」と言うところか。
ランキングではトップの#1 YSP Racing Team with TRCの中須賀選手が110Pt.。ついで#634 MuSASHi RT ハルクプロの高橋(巧)選手で104Pt.。3位が#87 TEAM GREENの柳川選手で102.5Pt.。4位以下の秋吉選手ともそんなにポイント差が離れておらず、混戦状態で最終戦鈴鹿に雪崩込んで来た。

腕組みして考えこんでいる?伊藤選手と、打ち合わせしている?中須賀選手
スタート前のグリッドで腕を組んで考え事?をしている伊藤選手。このレースを含めて継続参戦はあと2レースなので、感慨深いのか、それともどうやって勝つかを考えているのか…。

JSB1000レース1スタート!
レーススタート!ダッシュを決めようとしている#87柳川選手。隣のグリッドは#54 Taira Racingの武田選手が乗るYZF-R1。

柳川選手は中須賀選手に次いで4位を走行していたが、レース中盤過ぎ位に3位走行中だった中須賀選手がS字入り口?でスリップダウン。これで秋吉選手、伊藤選手に離されながらも3位になった柳川選手はそのままチェッカーを受けた。ランキング2位の高橋(巧)選手は4着フィニッシュ。これで、ランキングトップの中須賀選手は転倒ノーポイントだった為、このレース終了時点で2位に0.5Pt.差を付けて柳川選手が1位になった!5月に豪雨の為に決勝が行われなかったオートポリスの端数ポイントがこういう所で効いてくるとは…。
とはいえ、まだあと一つレースが残っている。MFJ-GPのJSB1000クラスは2レース制なので、次のレースで勝たない限りはチャンピオンの権利は貰えない。

3位!ランキングトップ!!(この時点で、だけど…)
パルクフェルメへ向かう#87 ZX-10R柳川機。3年前に見たMFJ-GPでは転倒してしまい、見ていた自分を含むカワサキファンは落胆したが、今回は3着とはいえポディウムに乗る事が出来、途中とはいえランキングトップに躍り出たことに喜ばないカワサキファンはいないだろう!

秋吉選手と日本酒ファイトw 秋吉選手、伊藤選手と共に記念撮影
優勝した秋吉選手と一緒?に日本酒ファイト(発泡性の地元蔵の日本酒をシャンパン代わりに使用している)。そしてその後に記念撮影。1着#64 F.C.C. TSR HONDAの秋吉選手、2着は残りあと一つで全日本を卒業する#33 Keihin Kohara RTの伊藤選手が3着柳川選手と一緒に写る。
あと1レース何とか上位に食い込んでくれれば…。


…で、次はJ-GP3クラス。
鈴鹿の最終戦までにランキングトップの大久保選手が、2位の森選手に22.5ポイント差を付けて独走状態。鈴鹿でも転倒とかの余程の事が無い限りは、普通に走ればチャンピオンになる可能性が非常に高い。

ランキングトップの大久保選手。でも傘は番傘じゃない…
グリッドにてサイティングラップを待つ#6 18Garage Racing Teamの大久保選手。高校生なのに歳上に見られる風貌(イケメンでは…ないと思う。どちらかと言うとオッサン顔だなぁ、という印象…大久保選手スミマセン)と、何故か番傘をさしていることから、2輪ロードレース専門のUstream放送「MOTOPOD」で"番傘王子"という二つ名を与えられた。只この時は普通にダンロップのパラソルだった…番傘にしろよw。

レースは#3 BATTLE FACTORYの尾野選手が優勝、2着にランキング3位の#1 WHEELE with KRTの菊池選手が入り、3着に数少なくなったヤマハTZ125を駆る#11 チームテック2の篠崎選手が入った。ただ、ランキングトップの大久保選手が10着に入り、2位の森選手に付けたポイント差によってチャンピオンが確定。

J-GP3チャンピオンの大久保選手のインタビュー
このレースの表彰式終了後に行われた、チャンピオンになった大久保選手の表彰式インタビュー。丁度ピットウォークが始まり、ピットレーンからこの様子を撮ることが出来た。
うーん…何か何処にでもいる普通の高校生にしか見えないのだが…。いや、ちょっと落ち着いて見えるから、大学生と言っても通用しそうだw。


…次はピットウォークです。続きます。
スポンサーサイト
11.07 (Sun) 15:07 [ バイク・車 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。