FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多分今回でピットウォークは終わる筈…。

#81 クラウン警備保障RACINGのCBR1000RR
鈴鹿8時間にも出走していた#81 クラウン警備保障RACINGのCBR1000RR。昔鈴鹿8時間で警察がチームを作って参戦していたが(中国のチームだったっけ?)、日本ではこういう警備保障会社がメインスポンサーのチームと言うのはあまり見かけないと思う。カラーリングなどは鈴鹿8時間の時とほぼ変わらない。

#70 オールスターモータースポーツのASMS250(GP-MONOクラス)とライダーの三好菜摘選手
GP-MONOクラスに参戦している、#70 オールスターモータースポーツの三好菜摘選手。16歳だそうで…まあ、GP-MONOクラスのチャンピオン藤井選手(TSRの藤井監督の息子さん)はレースアナ曰く「世界最速の学級委員長(…だっけ?)」だそうだから、16歳と言ってもまあ、ありかな、と思ってしまうが。ツナギを着ているせいか、ちょっとふとましく見えてしまうのは仕方ないか?

#28 Tras&NKB+8810RのBMW S1000RR
BMWはWSBKにも参戦してきているが、全日本にも鈴鹿8時間とほぼ同じ?チームで参戦してきている。でも、JSB1000って確かSBKより改造範囲狭かったはずだから、マトモに使えるレースキットってあるのかなぁ?まあ、それは他の日本以外で生産されているマシンもそうだが(Aprilia RSV4は確かほぼツルシの状態で走っていたはず)。そういうハンデをものともせずに参戦するという姿勢はいいと思う。
今回は鈴鹿8時間の時にいた、誇らしげにBMWの旗を広げているスタッフはいなかったような気がする。

#36 BKライディングスクールのGSX-R1000
#36 BKライディングスクールのGSX-R1000。天候が怪しくなって来た為にインジェクションのマッピング変更を行っているのか、スタッフがパソコンを持ち出して作業をしていた。最近のバイクの吸気系にはインジェクションが使われているせいで、こういったパソコンなどのコンピューターを使って作業している光景を見る。ちょっと前まではその調整はタンクを外してキャブレターをいじって行っていたので大がかりにならざるを得ないのだが、こういう所は技術の進化がメカニックの労力をある意味軽減するのに役に立っていると言えるだろう…当然ながら別の労力が必要にはなってくるのだが…。

#70 レイラスポーツのYZF-R6(J-GP2クラス)
#70 レイラスポーツのYZF-R6。J-GP2クラスに参戦している為に、タイヤウォーマーを装備して準備を行っている。何かあっさり系のカラーリングに見えるのは、スポンサー等のステッカーなどがほとんど貼られていないせいかも。
何か違和感あるなぁ、と思ってよく見て見るとフロントフォークが正立型になっている…プログラム見てみると、何と2003年型!7年前のマシンで戦っている。全日本だと1年落ち…はちょっと酷だけど2年落ち位だと旧型で戦ってるなぁ、と言うイメージを持ってしまうが、これは7年前…普通に公道で乗るにはまだいいとしても、レースではどうなんだろう、と思ってしまう。倒立型に換装する程でもないと思ったのか、それともパッと見は正立型だが倒立型並みに剛性が確保されているから大丈夫なのか…まさか最近のレースマシンで正立型フォークを見るとは思わなかった。まあ、だからピットウォークは面白いのだが。

#34 Team ARA 虎の穴のYZF-R6(ST600クラス)
ST600クラスに参戦している、#34 Team ARA 虎の穴のYZF-R6。同じチームから3台ST600クラスに出走しているが、これは大木選手のマシン。
最近のトレンドなのか、フロントブレーキディスクが只の丸ではなく何らかの意匠を持った形になっている。このディスクはブレーキディスクと言うよりはディスクカッターの刃にしか見えない…何か鋭利な刃物のような形だ。

#27 研友会栃木PGレーシングのCBR600RR(ST600クラス) …で、「炭火焼同好会」って何w
#27 研友会栃木PGレーシングのCBR600RR。アンダーカウルが外されて裏返しになって置かれているが、普段は見えない下側に書かれた文字まで見える。装着されている状態で見ようと思ったら、コーナリング中に見るしかない。
…で、アッパーカウルに書いてある「炭火焼同好会」って何w。

#87 KENクラブのZX-6R(ST600クラス)
#87 KENクラブのZX-6R(ST600クラス)でライダーは大田選手。周りに普通?は水着や薄手の服を着たオネエサンらがいるのだが、ここは高校みたいな制服を着た(コスプレ?)女の子がキャンギャル?代わりを務めている。まあ、翌日は11月だし、この時間帯、既に雲が厚く垂れこめていたからなぁ。水着じゃ寒いだろうし(もう水着じゃないってかw)。

#56 RSGレーシング&フィービーのCBR600RRとライダーの岡村光矩選手 ピットウォーク用?の掲示板にはスポンサー名とか協力者の名前などが一杯 カウリングにも書かれている
#56 RSGレーシング&フィービーのCBR600RRとライダーの岡村選手。これでもかと書かれているスポンサー名や協力してくれた人たちの名前が如何にもプライベーターらしくてほのぼのする。逆に、今のこの不景気な時期、これだけスポンサーや協力者を集めること自体が大変だなぁ、と思ってしまう。全日本で上位に入っている人たちですら、レースだけで生活出来る人はほんのわずかと言われているからなぁ。

タタミマンとダニ?怪人。畳屋さんがレースやっているからだそうだ ダニのぬいぐるみ。こんなんだと結構カワイイ?と思うのだが…
先ほどのST600で出てきたタタミマンとダニ?怪人。カメラ向けたらポーズ付けてくれました。ありがとうございます。ちなみにタタミマンのブログはここだそうで…
http://blog.livedoor.jp/nasu_tatamiman/
…チーム名忘れたorz。
で、ダニ怪人の腰に付いていたダニのぬいぐるみ。結構もふもふそうで、それなりにカワイイと思ったのだが…まあ、本当のダニはカワイイ訳はなく…。

#75 SP忠男レーシングチームのYZF-R6
先ほどのST600のレースで勝利した大崎選手がライドする#75 SP忠男レーシングチームのYZF-R6。スリックではなくプロダクション用のタイヤを使っている為、何だかそこらの峠を走って来た後みたいな感じだ。もちろん中身はレース用にきちんと調整してあるが…。

#87 TEAM GREENのZX-10R
調整中の#87 TEAM GREENのZX-10R柳川機。でもこの写真を撮った後、正面から見えないように柳川選手のパネルを置かれてしまった…自分、なんか変な物写したかなぁ?

#1 YSP Racing team with TRCのYZF-R1 #54 Taira RacingのYZF-R1
昨年のチャンピオン、中須賀選手が乗る#1 YSP Racing team with TRCのYZF-R1と、武田選手が乗る#54 Taira RacingのYZF-R1。2台並べると武田選手が乗るYZF-R1の方がワークスマシンに見えてしまうのは、カウリングに描かれているヤマハストライプのせいかw。カッコよさなら中須賀選手のマシンがいいと思うが。

…とここらへんでピットウォークが終了。いやはや、鈴鹿8時間とはまた違った面白いマシン達を見れただけで行った甲斐があるという物。本当はもっといろんなものを撮りたかったのだが、時間と体力が…。今回はデジカメのスペアバッテリーを2つ持って来ていたのでナンボでも(メモリーが尽きるまで、だが)撮影できたのだが…ピットウォークの時間、もうちょっと伸ばしてくれんかなぁ(レースとの兼ね合いで多分無理だけど…)。

次はJ-GP2のレースだが…ピットウォークの頃から雲行きが怪しくなって来た。細かい雨が降って来ているみたいで、下手するとウエット宣言が出されそうな感じ…。

…続きます。
スポンサーサイト
12.08 (Wed) 00:16 [ バイク・車 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。